17.ロット管理
カシオの販売管理はロット管理が簡単に出来ます!
カシオ販売管理システムのロット管理の特長
売上システムと仕入システムに連動してロット管理が可能

 
売上システムと仕入システムに連動して、ロット管理が可能。商品入荷の入力時に対象の商品選択すれば、数量入力時に自動でロット番号登録画面が表示されます。また、製造日や納品期限、販売期限を設定すれば前回入荷より古い入荷期限を自動でチェックし、先入れ・先出しなどの期限別の適正在庫管理が可能です。食品業界によくある※3分の1ルール(または2分の1ルール)にも対応。

※3分の1ルールとは? 賞味期間が6カ月の商品の場合、卸業者は製造日から数えて賞味期間の「3分の1」にあたる2カ月以内に小売店(スーパー等)に納品が必要。納品が2カ月以上遅れた商品は卸業者からメーカーに返品または廃棄されることがあります。
 

商品登録も簡単!商品をロット番号で追跡できる!

 
商品ごとにロット管理するかしないかを設定できるので、ロット管理が必要ではない商品も同じタイミングで登録できます。「3分の1」ルールもこの時点で登録できます。

▼ロット管理登録画面▼
クリックで拡大表示されます
 
 
▼商品登録画面▼
クリックで拡大表示されます
 
 
▼1/2ルール設定時の登録画面▼
クリックで拡大表示されます
 
 
前回の納品期限より古い期限が入力された場合、
▼警告が出るので入力ミスを防げます▼
クリックで拡大表示されます
 
 
先入れ先出しに対応。廃棄ロスを削減できる!

 
カシオのロット管理機能は先入れ先出しの期限別の適正在庫管理が可能です。入荷日、賞味期限、製造日、納品期限、販売期限などの商品情報を入力することにより、先入れ先出し在庫管理が簡単に出来ます。後から入荷した新しい商品を、前に入荷した古い商品より先に出荷しようとシステムに入力すると、逆転出荷とみなされ警告画面が表示されます。入荷時にも前回期限より古い日付の場合は警告表示が出るので安心です。 賞味期限が近いものから出荷することが出来るので、廃棄ロスを大幅に削減出来る様になります!

▼期限間近の商品から出荷でき、廃棄ロスを削減!▼
クリックで拡大表示されます
 
▼お知らせ画面にも表示されるので安心!▼
 
ロット単位で履歴を追跡。トラブル時も素早く対応できる!

 
カシオのロット管理で在庫管理をしていれば、消費者や取引先からの商品クレームやトラブルが発生した時でも、問題があった商品に付与されているロット番号をシステムに入力するだけで、すぐに調査することが可能。どこから入荷し、どこに出荷したのか一覧で表示されるので、迅速な問題解決に繋がります。 ロット管理をすることで、クレームやトラブルを早めに解決でき、被害拡大を抑えることが出来ます。
 
 

▼素早く商品を追跡できて、お客様をお待たせしません!▼
クリックで拡大表示
 
ロット管理でトレーサビリティが可能!消費者も安心。
 

カシオのロット管理で在庫管理をしていれば、消費者が生産者や生産地などどの様なルートで商品がきたのか調べることが出来るので、安心して商品を利用することが可能です。消費者に安心をお届けすることで、会社への信用と信頼が生まれ、今後の売上拡大に繋がることがあります。

 
販売管理ソフト