品繰り表と材料数算出機能
品繰り表作成機能について
品繰り表作成とは?
 

売上データを元に、商品販売数の予測ができる機能です。
過去の売上数実績から、平均売上数量を予測し、算出表示します。
「生産を経験と勘で行い、廃棄ロスが発生」という最悪な事態にならないように、この入出荷シュミレーションによって、正確なデータを元に生産を行えるので、
廃棄ロスも大幅に無くすことが可能です。食品業様にご好評いただいております!
 

導入後の効果とは?
導入事例その①
 
「売上集計を自動にし、正確なデータで廃棄ロスも減らせた!」

【導入前】
日計表を電卓で手集計で作成し、翌日の生産計画を立てていた。計算ミスや、作成のタイミングがズレて生産計画と仕込みの間に誤差が生じ、結果廃棄ロスが増えていた。

 
【導入後】

売上情報から集計表を日次、月次で自動作成。手計算より効率的ですぐに集計でき、計算も正確だから廃棄ロスも大幅にカットでき、経営効率もアップした。

導入事例その②
 
「特売日や季節行事による売上アップが
予測される日も生産計画が立てやすい」
 

【導入前】 
長年の勘や、季節感で翌日の見込出荷数を予測し、生産していた。過去の売上データなどは特に気にせず、その場で自分のさじ加減で決めていた為、在庫過多になったり、足りなかったりという状態に陥ってしまった。

 
【導入後】

自動的に作成できる集計表に季節ごとのイベントや特売日などを登録し、過去の売上実績を元に生産する数を予測できるので、見込み出荷数も正確で、在庫過多という無駄も大幅に削減することが出来た!

原材料算出機能について
原材料数算出機能とは?

 
商品数を入力すると必要な原材料数が自動計算によって出力されます。
商品の生産数を入力すると、その商品に必要な原材料を自動で計算してくれます。品繰り表で算出された予測データを元に、必要な原材料数の表示がされるので、品繰り表と一緒にご活用いただくと、更に経営効率がアップします。
原材料発注時に発注の過不足を防げて、在庫過多も回避できます。
食品製造業様に、大変おススメです!

導入後の効果とは?
導入事例
 
「原材料数の自動算出で早期の確保を実現し、
在庫がない状況を回避した!」

【導入前】 
導入前は、製品を生産する為に必要な原材料は目で確認し、その都度発注していた。日常業務に追われて原材料が不足していても気が付かず、発注漏れにより製品を生産できないという状況になることもあった。

 
【導入後】

システム導入後は製品を生産する予定数に合わせて、必要な原材料数を自動で算出し、最適な原材料数の発注が出来た。目で確認していた原材料の在庫確認も、データによるミスのない在庫数を算出してくれるので、事務作業の効率アップにも繋がった。

 
販売管理ソフト